シッキーについて

ずっとむかし、遠いところに住んでいる勇敢なこどもの鳥が旅に出ました。
その鳥の名前はシッキー。
シッキーは美しいブルーの羽根を羽ばたかせ、せかいじゅうを旅していました。
ひとりで広い海の上を飛んでいるうちにシッキーは思いました。
「いろんなところにいったけれど、ずっとひとりで飛んでいるのはさみしいなあ。」
シッキーはだんだんと心細くなってきました。
そんなある日、どこからか美しい歌が聞こえてきました。
心地よいメロディー、楽しそうな笑い声は、シッキーがずっと探していたものでした。
音のするほうへシッキーが飛んでいくと、そこにはパシフィックアイランドクラブがありました。
このときからシッキーのPICでの幸せな毎日がはじまりました。
PICのみんなはいつもとても楽しそうにしています。
シッキーはこの場所がどんどん好きになっていきました。
そして、みんなもシッキーのことが大好きになり、毎日みんなとシッキーは仲良く遊びました。
「これは夢なのかな?そうじゃないといいなあ。ずっと続くといいなあ。」
いつからか、シッキーはみんなに愛される、PICのマスコットになりました。
PICはシッキーという素晴らしい贈り物を授かりました。
ずっと探していた場所にたどり着き、シッキーはとても幸せです。
今日もシッキーはPICのいろんなところでみなさんと会えることを楽しみにしています。
みんなもシッキーと一緒に遊んで、ぜひ一緒に写真をとってくださいね。