2021.05.14

グアム島内の新型コロナウィルス感染対策について

(5月14日更新)
グアムでは引き続き公衆衛生上の緊急宣言が発出された状態が継続しており、住民には感染拡大を防止するための安全対策が求められています。

昨年末から新規感染者数の数は低く抑えられており、感染状況,医療体制等を踏まえたグアム政府が定める規制緩和ガイドラインでは,現在の規制レベルは、「PCOR 3」(全4段階のうちの3番目)に設定されています。
経済社会活動は緩和が進み、量販店、スーパーマーケット、レストランなどは定員の75%まで入店が認められるようになりました。
昨年12月末から開始された住民を対象としたワクチンの接種は順調に進み、5月中旬時点でグアムの住民全体の約6割、7万人が所定回数の接種を終えています。

5月15日以降は、グアムに入国する旅客は基本的に10日間の強制隔離が義務付けられており、隔離6日めに任意で実施されるPCR検査で陰性の結果が出た場合は条件付きで隔離終了が認められます。
また米国食品医薬品局(FDA)が認可したワクチン(ファイザー、モデルナは2回、ジョンソンアンドジョンソンは1回)の接種が完了し2週間が経過している者は、必要な証明を提出することにより政府施設における隔離が免除されます。
米国疾病予防管理センター(CDC)は、海外から空路で米国に入国するすべての旅客に対して、1月26日から出発前3日以内の陰性の検査証明(感染者については回復していることを証明する書類)を航空会社に提出することが求めています。詳しくはご利用の航空会社にご確認ください。

TOPに戻る
Pacific Islands Club Guam

ご宿泊予約

グアムのホテル Pacific Islands Club Guam
  • TOPページ
  • PICを選ぶ理由
    客室
    ウォーターパーク&アクティビティ
    レストラン
    キッズにおすすめ情報
    施設・サービス
  • 動画で見るPIC
  • アクセス よくある質問 サイトマップ
  • 公式サイト予約特典
  • English 한국어 РУССКИЙ 中文